地震予知研究室

The Research Center for Earthquake Prediction

プロフィール

Author:秋之巻(あきの・まき)
地震予知の可能性を探求中

リンク

宇宙的知のネットワーク  

スマートフォンにしろ、PCにしろ、我々現代人が手にしている機械文明の一切は、実際にはかって存在した文明の再現に過ぎない。
しかもそれはこの地球上の人類で興されたものではなく、他の惑星における人類以外の(肉体を持った)意識体による活動成果であるものがほとんどあると思われる。

地球外先史文明はすでにあらゆる物質科学に関する知的集積を完了していたと私自身は考えている。

石屋の活動も「すでに存在している知識」を活用しているに過ぎず、<宇宙的知のネットワーク>から入手した情報をもとに現代産業を成立させている訳である。

ただし、石屋も手ぶらでこのネットワークを活用しているのではなく、他惑星の助力者達から「少し疑問が生じた部分もあるので、これこれしかじかの科学実験をやって欲しい」ぐらいの依頼はあっただろうと思う。

しかしそれすら既知の体系に過ぎず、何らかの補完実験程度の寄与を行うに過ぎないと言えるだろう。

こうした<宇宙的知のネットワーク>に参入できるのはシャンバラの大師など高位霊域に到達した人魂のみである。

通常彼等は、宇宙が持つ記憶層<アカシックレコード>に直接アクセスして宇宙史そのものを確認できる訳だが、存在原理そのものがそこに書き込まれている訳ではないので、すでの多くの解析や解釈が蓄積された<宇宙的知のネットワーク>を必要としている訳である。

地球に関する<アカシックレコード>の管理者と言われるクートフミ大師がもたらした「神智学」も、<宇宙的知のネットワーク>から流用した知的体系であると言えよう。

例えば、仏教空。
仏教独自の存在理解であり、世界観であるとされている「空観」であるが、これは<宇宙的知のネットワーク>が到達している宇宙理解と同一のものである。

つまり<宇宙的知のネットワーク>においても多少の異論はあるようだが、存在に関する空性理解、「空観」はあらゆる高位霊存在、最高度知性体が承認している宇宙理解なのである。
(もちろん我々には理解できない様々な存在概念を駆使した上で到達した「空観」であはあるだろうが、大意において仏教空と同一の思想=世界観と考える)

ただしそれは今回の宇宙事象、「最後の審判」が惹起するこの地球における異変において覆されようとしている。

これまでいかなる意識体もその存在を予想したことがなかった霊存在がこの宇宙には存在していたのである。

彼の出現は、宇宙全史を記録する<アカシックレコード>にさえ載せられてはいない。
この存在者は、たとえ誰であってもアクセス不可能な実体であり、「絶対不可視の存在領域に隠れ住む霊存在」がこの宇宙的危機において初めてその動きが検知されたと、イエス大師は言われる。

 

カテゴリ

最新記事

ノーマルカレンダー

検索フォーム

月別アーカイブ