地震予知研究室

The Research Center for Earthquake Prediction

プロフィール

秋之巻(あきの・まき)

Author:秋之巻(あきの・まき)
地震予知の可能性を探求中

リンク

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富の集中と拡散  

ソビエト連邦崩壊以後のグローバル企業が、世界に新しい富を算出したのかどうかは分からないが、少なくともインドや中国民衆に労働機会と購買力をを与え、人類最終の機械文明に触れる機会を極めて広範な人口群にもたらしたことは間違いがない。

現在の世界人口は、約74億人である。
その内、中国14億、インド13億とすると合計で27億人となり、世界人口に占める割合は4割近い数値となる。

石屋の目的が全人類に物質文明の最終形態を体験させることにあるとしたら、2000年以降、世界を席巻したグローバリゼーションの真の起動力は彼等の作り出した神仕組みにあったと言うことになるだろう。

グローバリゼーションは確かに富の天文学的な一極集中を生み出し、他面、多くの先進諸国の中間層は、アメリカや日本を見るまでもなく死線間際まで没落したが、中国やインドの最底辺人口群にはかってない富を行き渡らせることにも成功した。

戦後の日本の繁栄は石屋の仕組みによるものであり、彼等、英明な科学者・技術者・起業家の転生配置と活躍があって初めてもたらされたものである。

もちろん大東亜戦争を勝利させるための軍事技術や、優秀な将官の出現も計画されたもののうちのひとつに過ぎなかった。
日本は大東亜戦争に勝つことはできたが、仏教霊団がヒトラーのコントロールに失敗したため、最終局面でこの計画を反故にする必要が出来てしまっただけのことである。

(しかしヒトラー自身は、開発済みの核兵器やサリン等毒ガス兵器の使用も実践投入しなかったのであるから、ヒトラーのあれ以上の暴走(ユダヤ民衆への抑圧行動(毒ガス殺戮は虚構だが、飢えと感染による大量死))を防ぐことには成功したと思われる。)

9.11事変の真の目的は、ユダヤーキリスト教連合に代表される「世紀末待望勢力(ハルマゲドン実行勢力)」の中枢を罠に引っ掛けて歴史の表舞台に引きずり出すことにあったと言えるだろう。

燃え盛るツインタワー、そして様々な暗号。
彼等、ユダヤーキリスト教連合の中枢はこれこそ「神の啓示」とばかりに頭に血が上り、世界最終決戦に意気揚々と躍り出たが、時節はまったく彼等の攻撃を寄せ付けなかった。

ハルマゲドン実行勢力(反キリスト)の牙は一旦これによって抜かれたが、今ふたたびアメリカに新たな自滅ゲームを始めようとする勢力が台頭して来た。

<追記>
ツインタワーが攻撃された真の意味とは、地球霊王(天照大神)とイエス・キリスト(スサノオ)の兄弟が、岩戸に封じられ、十字架上の死を人類が強いたことの暗喩であった。
人類が犯した罪は人類自身の手で償わされる、その日がすでに近いとのメッセージでもあったのだと思う。
神を封印した岩戸は、人類自身の手で開けねばならず、神の使者を磔に処した民衆自身が十字架に昇らなければならない。
やがてその日は来る。
もし今日のように、人間が霊的に堕落しなければ、その自然な「死」は、十分な引力を発生させて絶えず遠ざかる「月」を引き寄せることが出来ていた。
人類大量死が必要となることはなかったはずである。



スポンサーサイト

石屋の仕組み  

謹賀新年 2017年。

私の考えでは、「石屋の仕組み」とは、13人の大師評議会(人類最高意思決定機関)=シャンバラの世紀末政策である。

恐らく今回の機械文明を最後として、二度と再び人類がこれほどまでの、高密度な産業基盤を整えることはない。

石屋の「石」とは、CPUあるいはコンピュータのことで、いわゆる「賢者の石」がこれにあたる。

大峠終了後の人類社会には、もちろんいかなる都市文明も滅亡しており、荒涼たる土地にあらたな文明を築いていかなければならないのだが、今日のような機械文明が再興されることはないだろう。

莫大な破壊力をもった「石屋の仕組み」が許された背景には、人類諸個人が今回の時代を最後に、物質文明との永遠の決別が決定されているからだと思われる。

「石屋の仕組み」を真に主導しているのは、科学技術に長けた一部の大師達であり、彼等の言い分としては「今回が最後となるならば、出来る限り多くの人類に究極的な物質文明を体験させるべきだ」と言うものだと思う。

その主張に他の大師方も賛同され、「石屋の仕組み」は実行に移され、今日に至った。

しかし、この計画に断固として反対した人物が存在する。

ひふみ神示が「石屋の仕組み」を猛烈に批判していることからもうかがえることかと思うが、日本神界は人類社会が物質一元の思想に染まり、あまりに多くの人間が霊の眼を失うことに危惧の念を抱いた。

新人類社会は12の民族国家に別れ、その12の国家指導者として13人の大師(中国のみ老子様と孔子様の二人体制のため13人となっている)が着任されている。

この日本は霊王(天照大御神)が統治される国ではあるが、「13人の大師評議会」では御臨席されるのみで、発言権を行使されない。

シャンバラの霊王は普通、大師評議会の「議長役」として紹介されることが多いと思うのだが、おそらく定例議会の「議長役」は筆頭大師が行い、あるいは臨時議会を招集した場合は、その大師が行うものと思う。

霊王は言わば、王家の皇太子12人による議会運営を見守るのみであり、その議決に権威を与えるために臨席されているだけだと私は思う。

シャンバラの全貌はまだ明らかになってはいないが、私の見る限り、霊王は皇太子を育てることを最大の任務とされ、その12人の国家指導者を介して人類全般の指導にあたる体制を確立されようとしている、そう思われる。

日本人ならば誰もが、岩戸の封印を解かれた天照大御神の世界出現を願うものと思うが、シャンバラはかつてのような朝廷(日本神界を頂点とした霊的支配構造)ではない。

ふたたび人類の指導者達が王命に背くことがないように、地球霊王の御前にて議論を闘わせ、責任の所在を明確にした上で、その決議に印可をお与えになると言う政策をとられているものと思われる。

歯がゆい限りとも言えるが、それが万古末代までの基本政策として、創造主(天の神)と天照大御神(地の神)が合意された神策である。

しかし、これでは日本神界の意思を議会に反映することができない。

だからこそ弟君、建速須佐之男命(スサノオノミコト)を母星である金星から召喚し、ユダヤ12支族の救世主・キリストとして転生させ、死後はイギリス民族国家の最高指導者の座に据え、大峠本番の現在には神界、霊界、現界に渉る混乱を鎮めるために筆頭大師の脇座に据えられたのである。

西方浄土の阿弥陀如来とはイエス・キリストのことであり、兄君は日本を中心に東洋全般にその神威をふるい、弟君は西洋全般を教化するためにその力をふるわれる。








カテゴリ

最新記事

ノーマルカレンダー

検索フォーム

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。